第3弾:ペーパーフォルダーやラミネートフイルムと3Dプリンターで作るフェースシールドの作り方

皆様の参加のおかげで、日本中の医療機関、介護施設、歯科医院などへ向けて作成配布が始まっています。ありがとうございます。


フィードバックも多くいただきましたので、データの修正版を配布します。


前方の穴から抜けやすかったので、形状を変更しました。

積み上げ用は上面と下面を0.4mmずつ削り厚さ4.2mmとしました。これによって材料と時間が20%程削減できます。


Visor_frame_V2single_JP.stl 1個だけ作る場合

Visor_frame_V3stack_JP.stl   積み上げ用 

face_sheild.pdf           取扱説明書

透明フイルムのガイドシート.pdf   穴あけガイド


ガイドシートは岩手県立一関工業高校の先生が県内の医療機関に配布する際、A4より若干大きいサイズの透明シートを使用する場合に切らずに穴あけを可能としたガイドです。

通常のプリンターで印刷する際には、必ず印刷設定で「実際の寸法」を選択してください。




各種資料は以下のサイトからダウンロードしてください。

ZIP形式に圧縮されています。

http://sin.co.jp/pg210.html






閲覧数:307回

最新記事

すべて表示

2022年7月よりの主なZortrax製品の税込価格は以下の通りです。 本体 M200 Plus V2 ¥401,500 (税抜¥365,000) M300 Plus V2 ¥657,800 (税抜¥598,000) M300 Dual ¥822,800 (税抜¥748,000) Apoller ¥1,075,800 (税抜¥978,000) HEPA Cover 200 ¥41,800 (