M300Dual が到着しました!


先週「ZORTRAX M300Dual」が弊社に到着いたしました。 さっそく開封&動作確認を写真を交えてご紹介します。

外箱
 

外箱のサイズはM300やM300Plusと同じサイズです。

箱を抱えて体重計にのってみると 45~46kg程 と計測。 一人で持って運ぶのはつらい重さです。

 
サイドカバー
Starter Kit
梱包材(内側)
 

箱の上部は「サイドカバー」「Starter Kit」「電源コード」など、 従来型のM300と変わりありません。梱包材はエクストルーダの形など に合わせて切れ込みの形が変わっています。

 
正面図

上から見下ろした図
 

本体は二人がかりで箱から持ち上げました。 輸送用の固定ベルト や エクストルーダーを固定している治具を 外して内容物を取り出します。

 
上段発泡スチロール

マテリアルボックス
 

上の発泡スチロールには、水溶性フィラメントを湿気から守る為の

「マテリアルボックス」が入っています。背面にネジで組付けます。

 
ガラスプレート

造形プレート

ヒートベッドケーブル&マテリアル

 

下の発砲スチロールには「ガラスプレート」「造形プレート&ヒートベッド」

「フィラメント(Z-PETG 2㎏ Black)」「ヒートベッドケーブル」が入っています。 ここで驚きなのは「造形プレート」の表面に銀色の通電ブロックがありません! キャリブレーション時の動きはどうなるのでしょう?

 
フィラメントチューブガイド
エクストルーダーケーブルクランプ
 

一先ず各パーツ類を組付けます。 「Starter Kit」内に含まれている「フィラメントチューブガイド」と

「エクストルーダーケーブルクランプ」を取り付けます。 「エクストルーダーケーブルクランプ」は本体側の穴が少々きつめ。

 
マテリアルボックス

 

「マテリアルボックス」はネジでプリンタ背面下部に取り付けます。 「マテリアルガイド(チューブ)」は今回3本付いてきます。最も短いものは、 マテリアルボックスとフィラメント切れセンサーの間をつなぐものです。

 
ヒートベッドケーブル接続
 

「造形プレート&ヒートベッド」は「ヒートベッドケーブル」で本体と繋ぎます。

 
 

後は「エクストルーダーケーブル」をデュアル機構になった 「エクストルーダー」に繋いであげます。 ケーブルをつなげる時は上部と前面のカバーを外してあげます。

 

一先ず、これで本体の組み上げは完了です!

次回はプリンタ電源導入と出力動作を確認していきます!


閲覧数:727回

最新記事

すべて表示

2022年7月よりの主なZortrax製品の税込価格は以下の通りです。 本体 M200 Plus V2 ¥401,500 (税抜¥365,000) M300 Plus V2 ¥657,800 (税抜¥598,000) M300 Dual ¥822,800 (税抜¥748,000) Apoller ¥1,075,800 (税抜¥978,000) HEPA Cover 200 ¥41,800 (