• Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

ABOUT US

株式会社システムインナカゴミはこの度ZORTRAX社のプレミアムディーラーからさらに上位のディストリビュータに認定されました。

 

日本国内に於ける唯一のサブディーラーが持てる代理店です。

販売から修理サポートにかかわる全ての業務を行っておりますので、気軽にご相談ください。

大学、研究室、補助金、会社契約等予算や会社費用で購入希望の方は別途ご連絡ください。

日本全国納入設置、導入指導も行っていますのでお気軽にご相談ください。

また領収書の発行も別途行っております。

 

​日本におけるZORTRAX製品の販売に協力いただける代理店も募集しております。

LOGO.JPG

金属に代わるPEEKやULTEMなどスーパーエンプラの造形には上位のプリンターをご使用ください

LOGO.JPG
LOGO.JPG

金属に代わるPEEKやULTEMなどスーパーエンプラの造形には上位のプリンターをご使用ください

B9Creator

ハイコストパフォーマンス光造形3Dプリンター

B9Core はこちらから

© 2018 BY System Inn Nakagomi K.K

フィギュア作成時のシームランダム指定について

August 19, 2016

フィギュア作成時の注意点として、シームの場所を考えて向きを調整するという記事を載せましたが、Z-SuiteVer1.6.1のADVANCEDモードにはシームのランダム指定があります。

 

ランダムを指定すると周回部を造形後、内部へ移動しまた周回部へ戻るとき、前回と別の場所から書き始めます。このように造形開始点と終了点を変化させることによってFDMプリンタでは不可避であったシームの発生が防げるのです。

しかし、その代償としてスポットがランダムの発生し表面の荒れにつながってしまいます。

M200はもともと積層痕がほとんど目立たない、滑らかな表面をしているのですが触ってみるとその差がわかります。

かといって、シームがまともに出てしまうのは後処理的には不都合が多いのではないでしょうか。造形した感触ではフィギュアの場合は十分実用的だと判断します。

 

以下の写真はサポートを外し、ヒートガンでサポート痕を消しただけのものです。

 背中も非常にきれいです。

 data : https://shade3d.jp/data/3dprinter.html   [立ち hanako]

 

 

 

Please reload

特集記事