• Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

ABOUT US

株式会社システムインナカゴミはこの度ZORTRAX社のプレミアムディーラーからさらに上位のディストリビュータに認定されました。

 

日本国内に於ける唯一のサブディーラーが持てる代理店です。

販売から修理サポートにかかわる全ての業務を行っておりますので、気軽にご相談ください。

大学、研究室、補助金、会社契約等予算や会社費用で購入希望の方は別途ご連絡ください。

日本全国納入設置、導入指導も行っていますのでお気軽にご相談ください。

また領収書の発行も別途行っております。

 

​日本におけるZORTRAX製品の販売に協力いただける代理店も募集しております。

LOGO.JPG

金属に代わるPEEKやULTEMなどスーパーエンプラの造形には上位のプリンターをご使用ください

LOGO.JPG
LOGO.JPG

金属に代わるPEEKやULTEMなどスーパーエンプラの造形には上位のプリンターをご使用ください

B9Creator

ハイコストパフォーマンス光造形3Dプリンター

B9Core はこちらから

© 2018 BY System Inn Nakagomi K.K

冶具にボルトを入れてみました。

September 14, 2017

冶具や工具を作っている方から、途中で停止してボルトなどを入れたいとの御相談が多くあります。今回はその設定方法をご紹介します。

 

Z-Suteでは造形中に停止ポイントを設定することができます。 

スライスを実行後、コンセントみたいなアイコンを押すとPAUSE の設定画面が現れます。

 

この冶具の場合、厚さ15mmの中に4.8mm厚のボルトを埋め込みました。再始動の際にボルトとノズルがぶつからない様に0.5mm以上のマージンを作ってくさい。

結局下から11.1mmのところで止めたかったので、74%(15x0.74=11.1)でPAUSEを設定しました。

 

途中で止めて、サポートを外しボルトを入れて再始動させボルト入りの冶具を完成させました。

 Z-Suiteでは外形の寸法は設計通りに造形できるのですが、内部の円は小さくなってしまう傾向があります。そのためPRINT SETTINGの中にADVANCED SETTINGSというタグがあり、OFFSETS欄のHOLESの値を0.5mm程度入力して、ボルトが簡単に入るよう遊びを作ってください。

 

 

 

 

Please reload

特集記事