Stereographic Picture Projector


最近Thingiverseのトップページに表示されていた Stereographic Picture Projector を作成してみました。

簡単に作成できるので手順をまとめてみました。

用意するもの

・85x85サイズの画像

・OpenSCAD(スクリプト系CAD)

http://www.openscad.org/

・stereographic_projector_v3.2_highres.scad

Customizable stereographic picture projector v3 highers からダウンロード

・build_plate.scad

Build Plate Library for Customizer からダウンロード

※2つのscadファイルは同じフォルダに保存します。

・ランプ

手順1

画像を変換

http://jsfiddle.net/threonin/6dr8qu41/

85x85の画像を選択すると文字列(数字の羅列)に変換されるので全てコピー

手順2

OpenSCADでstereographic_projector_v3.2_highres.scadの編集

6行目”image=[〜]”のカッコ内を手順1でコピーした文字列に置き換え

1行目の1行目の"utils/build_plate.scad"をの"build_plate.scad"に書き換え

手順3

Projector(球体)の作成

51行目のpart = "parts"の"parts"を"projector"に変更 ファンクションキーf6でRender

FileメニューのExportからSTLを選択して保存

手順4

Lamp(土台)の作成

51行目のpart = "parts"の"parts"を"lamp"に変更 ファンクションキーf6でRender

FileメニューのExportからSTLを選択して保存

手順5

造形

 M200が使用中だったのでUltimaker2+で造形しました。

ABS

Layer Height 0.3mm

土台はZポジションをマイナスにして穴が開くように造形しました。

手順6

ランプを付けて照射!

偶然LEDランタンと土台の穴のサイズがジャストフィットしました。

暗い場所で壁に照射するとトップ画像のような絵が浮かび上がります。

もっと拡散するライトを使えば四隅まで照射できるかもしれません。

以上でお気に入りの写真を使ったステレオ投影できます。

#作成例

閲覧数:258回

最新記事

すべて表示

2022年7月よりの主なZortrax製品の税込価格は以下の通りです。 本体 M200 Plus V2 ¥401,500 (税抜¥365,000) M300 Plus V2 ¥657,800 (税抜¥598,000) M300 Dual ¥822,800 (税抜¥748,000) Apoller ¥1,075,800 (税抜¥978,000) HEPA Cover 200 ¥41,800 (