フィラメントは乾燥してから使いましょう

 フィラメントは未開封の状態でも吸湿していることがあります。乾いた状態に保つことは、造形を成功させるための最初のステップです。それがないと、設定、調整、トラブルシューティングのどれも役に立ちません。   

ノズルとプレートがぶつかっても止まらない場合

プラットフォーム上の銀色の部分(接点)にノズルが接することで通電し、Z軸の0地点を感知しております。

キャリブレーションの重要性

ZORTRAX Mシリーズプリンタでは、一度キャリブレーションを行えば通常メンテナンスフリーで造形可能ですが、プラットフォームの交換や造形不良がみられる場合はキャリブレーションを実施してください。

Z-PLA proの扱いについて

Z-PLAは反りが無く大きい部品を作る場合向いていますが他のフィラメントが残っている場合、溶ける温度が低いのでノズルが詰まってしまいます。

造形中のズレはグリス切れが原因です

造形中のズレが発生した場合​グリスアップを行ってください

自己診断によるエラーコード表を作成しました(M200/300)

​M200/M300の自己診断コード表です。電源投入時や造形中にLCD画面に表示されるエラーコードとその原因、対処法を記載しました。ケーブルの接触不良など刺し直しで直る場合がほとんどですが、ケーブル類の断線による交換が必要な場合もあります。エクストルーダケーブルは100時間、それ以外の各部品は1年の保証期間がありますので故障が切り分け出来た場合は無償でお送りします。また、御自分で交換が難しい方は輸送料を御負担いただきますが弊社で対応させていただきます。

Z-GLASS使用後のメンテナンスについて

Z-GLASSを使用した後はZ-ABSでヘッドをクリーニングしてください。

ノズルクリーニング

フィラメントが詰まった場合はアセトンを使ってクリーニングする必要があります。

ホットエンドの交換方法

最終的にフィラメントなどが詰まって交換せざるをえない場合、新しいホットエンドと交換します。

  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

ABOUT US

株式会社システムインナカゴミはこの度ZORTRAX社のプレミアムディーラーからさらに上位のディストリビュータに認定されました。

 

日本国内に於ける唯一のサブディーラーが持てる代理店です。

販売から修理サポートにかかわる全ての業務を行っておりますので、気軽にご相談ください。

大学、研究室、補助金、会社契約等予算や会社費用で購入希望の方は別途ご連絡ください。

日本全国納入設置、導入指導も行っていますのでお気軽にご相談ください。

また領収書の発行も別途行っております。

 

​日本におけるZORTRAX製品の販売に協力いただける代理店も募集しております。

LOGO.JPG

金属に代わるPEEKやULTEMなどスーパーエンプラの造形には上位のプリンターをご使用ください

LOGO.JPG
LOGO.JPG

金属に代わるPEEKやULTEMなどスーパーエンプラの造形には上位のプリンターをご使用ください

17002571_03_200_JP.png
B9Creator

ハイコストパフォーマンス光造形3Dプリンター

B9Core はこちらから

© 2018 BY System Inn Nakagomi K.K