Z-PLA Proでノズルが詰まってしまった場合

ノズル詰まり.jpg

Z-PLAは反りが無く大きい部品を作る場合向いていますが他のフィラメントが残っている場合、溶ける温度が低いのでノズルが詰まってしまいます。

出来れば専用のホットエンドを用意していただければ、クリーニングの手間が省けます。

  1. Z-PLAで造形したい場合には事前にホットエンドの内部を綺麗にする必要があります。

  2. 通常よりも長時間Z-PLAをノズルから出す必要があります。特にABSやPETGなど高温で造形するフィラメントの後では、念入りに掃き出す必要があります。

  3. ​もしノズルが詰まってしまった場合は、ヒートガンなどでノズルを高温にして溶かした後、付属の微小ドリルで穴開けを行い通路を確保します。